ドラゴンボートフェスティバル

朔望月の5日目は私の国の伝統的なドラゴンボートフェスティバルです。一日の終わりには、5日目は陽の数であるため、「龍船節」とも呼ばれます。

1.ドラゴンボートフェスティバルの餃子
龍船節の間に餃子を食べることは、中国人のもう一つの伝統的な習慣です。「コーンミレット」、「チューブ餃子」としても知られているゾンジ。それは長い歴史と多くのパターンを持っています。

Dragon Boat Festival1

龍船節の朝、屈原を記念して家族全員が餃子を食べます。一般的には、前日に餃子を包み、夜に調理し、朝に食べます。包子は主に川の池の近くに豊富にある柔らかい葦の葉でできており、笹の葉も使われています。それらはまとめてゾンゲと呼ばれます。餃子の伝統的な形は三角形で、一般的に内陸餃子にちなんで名付けられ、小餃子は小餃子と呼ばれ、小豆を混ぜた米は小豆餃子と呼ばれ、赤いナツメを混ぜた米はゾンゾンゾンと呼ばれます。せいぜい、勉強しようとする子供たちは朝一番に食べることができます。かつて、科挙を受けた学生は朝にナツメを食べなければなりませんでした。これまで中学・大学入試日の朝、保護者も生徒のためにナツメを作らなければなりませんでした。
Dragon Boat Festival2

Dragon Boat Festival

今日まで、毎年5月上旬に中国人はもち米を浸し、餃子と餃子を洗い、色の種類はさらに多様でした。詰め物の観点から、北には北京餃子のパッケージがたくさんあります。南部には、味噌、生肉、ハム、卵黄など様々な具材があります。餃子を食べる習慣は何千年もの間中国で人気があり、北朝鮮、日本、東南アジア諸国に広がっています。


投稿時間:2020年7月8日